新型コロナウイルス対策としては、除菌や殺菌は欠かすことができません。
除菌ではアルコールが使われることが多くなっていますが、最近は新しいタイプの除菌剤にも注目が高まっています。
特にMIOXは、注目が高まっていますが、まだどんなものかを知らない、名前を聞いたこともないという人もあるのではないでしょうか。
ここからは、どんな特徴があるのか、導入するメリットなどについても書いていきます。
コロナ対策をよりしっかりとしたいとお考えの方は参考にしてください。

MIOXとは?除菌剤の基礎知識

MIOXとは?除菌剤の基礎知識 新型コロナウイルス対策としては、除菌や殺菌は効果的とされています。
それゆえ、最近はあらゆる場所に消毒用のアルコールが設置されるようになりました。
アルコールが不足していた時期もあり、新しいタイプの除菌剤にも注目が高まっています。
MIOXも注目されている商品のひとつですが、なぜ人気が高まっているのかも気になるところです。
MIOXとは、塩素剤を使わずにオンサイトで消毒液を生成することで従来の次亜塩素酸の弊害を克服しています。
塩と水を使い独自の特殊電解セルにより生成・混合された殺菌剤です。
レジオネラ菌はO-157などに対応できることはもちろん、サリンなどの化学兵器も分解できるほど優れた差筋力があります。
様々なウイルス対策に役立ち、人体や環境にも優しいのも特徴的です。

MIOXの成分と除菌と今後の需要について

MIOXの成分と除菌と今後の需要について 近年、ウイルスに対して次亜塩素酸ナトリウムの効果が話題に上る事も多いですが、次亜塩素材には、刺激臭などの問題も多く上がっています。
その次亜塩素酸の問題をクリアにして、効果をさらに上回っていると言われている物がMIOXと呼ばれているものです。
MIOXとは次亜塩素酸をベースに、酸素系と塩素系を反応させ作られた混合酸化剤溶液の事です。
MIOXの成分は、人体に害のない中性となっているため、肌に触れたり、飲み込んだりしても安全とされています。
その事から、銭湯やプールなど大勢の人が集まるプールや、温泉に発生しやすいレジオネラ菌や大腸菌などの命に係わる細菌を殺菌、抑制する事に長けていると言えます。
また、MIOXは、次亜塩素酸ナトリウム等と違い、刺激臭も少なく長期効果も高いとされている事も、特徴の一つと言えます。
さらに、近年問題となっているウィルスの除菌にも使用されていることが多くなっています。
それは、成分が様々な酸素系と塩素系がMIXされている事により、相乗効果を発揮しています。
また、希釈して使用する事もできるため、ドアノブ、エスカレーターの手すりなどの清掃にも力を発揮する事ができ、清掃会社での導入も進んでいます。
今後も、ウィルスとの戦いが続いてく事から、MIOXは需要を拡大していくと言えます。

●MIOXをもっと詳しく知る●

MIOX